所長挨拶

NPO法人 場の研究所

所長 清水 博

 

人間が自分自身の〈いのち〉を空洞化して仮想空間に住む人工物に置き換えていくという信じられない変化が世界的に進行しています。これは「他の人より多くを 独占したい」という、「この私」の独占欲から生まれてくる心の病です。私たちがこの不幸から解放されるためには、「この私」という概念そのものがすでに 〈いのち〉のない仮想モデルであることに気づいて、「誰もが主役」という〈いのち〉本来のドラマを共創していく実践が必要です。

場の研究所はその勉強と実践のなかで、それぞれが本来の〈いのち〉を取り戻していくところです。地球の「場としての〈いのち〉」に包まれて生きていく「粒 としての〈いのち〉」という〈いのち〉本来のあり方を掴むことができれば、生にも、また死にも、大きな安心が与えられて、未来が開かれてくることを実感で きます。

所長略歴

清水 博


1932
1112日愛知県生まれ
東京大学名誉教授
NPO
法人「場の研究所」所長(理事長)
薬学博士
専門は、〈いのち〉の科学/生命関係学/〈いのち〉と場の哲学

1956
年:東京大学医学部(薬学科)卒業

同大学院学位取得の上修了
東京大学理学部助手、千葉大学文理学部助教授
九州大学薬学部助教授、ハーバード大学、スタンフォード大学研究員を経る

1970
年:九州大学理学部教授
1977
年:東京大学薬学部教授
1993
年:金沢工業大学「場の研究所」所長、同大学情報工学科教授
2004
年:NPO法人「場の研究所」所長(理事長)
     現在に至る

単著


『生命を捉えなおす――生きている状態とは何か』(中央公論社 中公新書、1978)
『生命知としての場の論理――柳生新陰流に見る共創の理』(中央公論社 中公新書、1996)
『生命と場所――創造する生命の原理』(新装版, NTT出版、1999年)
『場の思想』(東京大学出版会、2003年)
『コペルニクスの鏡』(平凡社、2012年)
『<いのち>の普遍学』(春秋社
、2013年)
近代文明からの転回(シリーズ文明のゆくえ―近代文明を問う)』(晃洋書房、2013年)
<いのち>の自己組織 共に生きていく原理に向かって』(東京大学出版会、2016年)

共著


(北川敏男)『生命現象の情報理論』(学習研究社, 1973年)
(餌取章男)『生命に情報をよむ――バイオホロニクスがえがく新しい情報像』(三田出版会, 1986年)
(前川正雄)『競争から共創へ――場所主義経済の設計』(岩波書店, 1998年)
(三輪敬之・久米是志・三宅美博)『場と共創』(NTT出版, 2000年)

共編著


(石井威望・小林登・村上陽一郎)『ヒューマンサイエンス』(全5, 中山書店, 1984年)
(河合隼雄・谷泰・中村雄二郎)『岩波講座 宗教と科学』(全10+別巻2, 岩波書店, 1993年)