〈いのち〉の持続は種を越えて

 人工の居場所と自然の居場所とを比較して、何が自然らしさを与えるかと考えてみると、人工の居場所では多様な生きものが人工的な「垣根」によって分けられて存在しているのに、自然では入り交じって共存在していることがわかります。


多様な生きものが入り交じって共存在するときには、それぞれが〈いのち〉という原点に回帰して生きていく形を共創していると、私は考えています。


それはどういうことかと言うと、一つの種の生きものが死ぬときに、その生きものがもっていた〈いのち〉を、他の種の生きものが受け継いで、地球とい

                                  う〈いのち〉の居場所に〈いのち〉を持続していくと

                                  いうことです。このように種を越えて〈いのち〉を循

                                  環的にリレーしていく形ができなければ、〈いのち〉

                                  の居場所から〈いのち〉が消えてしまいます。 

2015.1.29