生きていくということ

黄昏の夕日をあびながら

沈んでいこうとする陽に向かって

母が押す乳母車に揺られて行く

遠い道。

 

幼い頃の記憶として

何故かそんな情景が

心切ない気持ちと共に

残っている。

 

ふと気がつくと、その切なさは

〈いのち〉に押されながら

休むことなく死に向かって進んでいく

一生の予感から生まれてくるのかもしれない。

 

                                                                       黄昏の夕日をあびながら

                                    冷たい二月の風に向かって

                                                                       しきりに顔を洗う一匹の猫。

 

                                                                       短いその一生を生きようとする

                                                                       野生の真剣さのようなものが

                                                                       何故か心にまっすぐ訴えてきた。

2015.2.16