希望は厳しさとの相互誘導合致か

       希望は、生きものの内側に生まれる「生きていく形」だ。その形が、居場所と生きものの相互誘導

      合致によって生まれる〈いのち〉の活きであることは間違いない。それは、未来に応えるために、生

      きもののからだの内に与贈されている「隠された活き」──〈いのち〉の願──が形となって引き出

      されてくる「〈いのち〉の芽」ともいうべきものである。その形を引き出すものは、現在の居場所の

      厳しさであって、決して、その温かさではない。それは、いま温かければ、それで足りるからである。 

      

       今年の1月下旬の寒い日に近くを歩いて、私は幾つかの「〈いのち〉の芽」を発見した。

       NPO法人場の研究所は、いま、冬の厳しさを経験している。経済的な理由によって、この二月中にこ

      れまで12年間以上続いてきた場所を空けて出ていかなければならないのだ。一番の問題は、未来のた

      めと思って備えてきた多方面の多くの資料や本を、ほとんど捨てなければ出られないことだ。このこと

      が思想の研究所の一番の問題点だ。

 

 

      まことに幸いなことに、新しい居場所を提供して下さる方がおられ、その新しい居場所で、場の研究所

      が3月から始める活動に夢を膨らましている。それは生きていくことが難しくなっている地方や被災地

      に、住民の方々と、自治体と、時には生協と、そして幾つかの企業──共存在企業──とが一緒に居場

      所を共創していく活動だ。その居場所には、家庭には家族が生きていくように、それはこの共創に参加

      をする人びとが生きていく場所でもある。共創によって住民の方々に未来が開かれるとともに、企業に

      も、資本主義経済の壁を乗り越えて未来へ進む力が生まれる。だから、それは富としての〈いのち〉の

      共創だ。

 

 

      しかし、その未来を迎えるためには、場の研究所が抱えてきた大量の資料や本を捨てなければならない

      が、そのために厳しい労働を与贈して下さる方々が現れて、新しい場所をご提供いただく方、未来の夢

      を共に育てようと心を砕いて下さる方の出現と共に、この場の研究所の12年間余の活動にも、すでに

      「隠された活き」が生まれていたことを知って感動している。

 

 

      この寒さの中で、それまで枯れ木の上で耐えていた一個のトマトが遂に地に落ちた。それで、ふと思い

      出したのが、聖書のイエスの言葉である。

 

 

      はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多

      の実を結ぶ。自分の〈いのち〉を愛する者は、それを失うが、この世で自分の〈いのち〉を憎む人は、

      それを保って永遠の〈いのち〉に至る。(ヨハネ12. 24-25

 

 

      このように生きたいものである。

                                                                     2016.02.23