メールニュース

※ このメールニュースは、NPO法人場の研究所のメンバー、場の研究所の関係者と名刺交換された方を対象に送付させていただいています。

※ 「メールニュース」は、場の研究所メールニュースのバックナンバーを掲載しています。



2021年分

場の研究所メールニュース 2021年02月号

このメールニュースはNPO法人「場の研究所」のメンバー、「場の研究所」の関係者と名刺交換された方を対象に送付させていただいています。

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

■場の研究所からのお知らせ

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

 

皆様

 

場の研究所の理事の前川泰久でございます。

2月になりました。まだまだ緊急事態宣言が発令されたままで、新型コロナ感染のおさまりが見えてきません。ようやくワクチン接種の予定が具体性を持ってきましたので、これからの生活が明るくなることを期待して行きたいと思います。

 

新年の1月の第8回目の「ネットを介した勉強会」は無事終了できました。

(これは電子出版された清水 博『共存在の居場所:コロナによって生まれる世界』が「勉強会」の共通の基盤になっています。)

1月のテーマは「存在と場」でした。今回は、量子力学的な考えと場の理論を比較するという内容があり、新たな問いかけにもなり、刺激になりました。

参加されたメンバーは17名とこれまでで一番の人数で開催しました。今回も皆さんのいろいろな観点からのご意見、またそれぞれの経験をベースに夫々の理解などが交わされました。

 

2021年の2月も、「ネットを介した勉強会」を開催します。基本のテーマは「共存在」です。

これは、ネット上ではありますが、「共存在」の場ができて来ていると感じておりますので、今後も、その原因を探りながら改良を重ねて継続し、広げて行きたいと思っています。

 

なお、これまで、「ネットを介した勉強会」の内容については、メールニュースで議論状況や資料をご紹介してきております。もし、ご感想、ご意見がある方は、前回同様、今回も下記メールアドレスへお送りください。今後の進め方に反映していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

ご感想、ご意見は、こちらのアドレスへお送りください。

contact.banokenkyujo@gmail.com

メールの件名には、「ネットを介した勉強会について」と記していただけると幸いです。

 

◎コーディネーターのこばやし研究員からのコメント:

==========

「今月の資料には図が入るのですが」と連絡を受けて、その作図もうまく出来て、毎月よりもスムーズに準備が進みそうだなぁ、と思っていたら、最後の最後で体調を崩した。

実際には、1日だけ動けなく寝込んでいただけなのですが、ちょうど朗読データの作成をしようとしていた日と重なってしまい、結果、残念ながら今回は、朗読データは作成できずじまいとなってしまいました。

前にも書いたことがありますが、朗読データは、まあ、無くても(きっと)問題はないです。(実際、今回は無かったので。)

でも、自分としては、朗読には、ちょっとした想いはあるのです。

(文字の)資料を受け取ると、つい、そこから無意識に知識を読み取ろうとしてしまうところがないでしょうか。(私はその傾向がありました。)

ですので、資料は、できるだけ「語りかけられること」として届いたらいいな、と思っているのです。

そういうこともあり、今回、その添えられなかった朗読の音声は、それが無かったことで、いつもと何が違っていたのか、いなかったのか、参加された方々に聴いてみたいな、と勉強会がすっかり終わった今、思っています。

さて、そんなことを考えていたら、それでは、資料そのものは、一体何なのだろう?と考え始めてました。

今回は「存在と場」と言う資料でした。

これは、学ぶべき内容が書かれているもの、というだけでしょうか。

そこで、もう一度、改めてこのことを思いながら、また、自分の内側を意識しながら資料を読んでみました。

すると、一つ気がついたことがありました。

「私は、資料を読みながら感動している」ということでした。

そして、その感動した何かに対して、自分自身も何かをしたい、そういう想いに駆られている自分がいる、ことにも気がつきます。

ですから、勉強会の資料を読んだ1通目の返信は、この「何か」に対して行っている行動なのだと思います。(うまく表せなくて、毎回、送信ボタンを押した後に、うまく書けなかったと心の中で嘆きますが…。(笑))

そして、他の参加者の1通目も、きっとこのような思いの中の1通目だと思わざるを得ません。

それは、それぞれの返信の中にも、それぞれの感動があるからです。

そして、それらに心を動かされ、2通目、3通目と繰り返し進んで行くわけですが、この時点では、自分たちが書いている(創っている)のは、それぞれの返信ではなくて、先程の「何か」そのものであると言う感覚の中にいるようです。

そして、その「何か」には、次の返信で何が起こるか、思いも寄らないという面白さが在ります。

これは、この勉強会の面白さに直結しているように感じます。

いつも、このメールニュースでは、勉強会について内容をお伝えできないことから、勉強会ってどんななのだろうか、と思われているのではないかと考えます。

今回、資料について考えることから、勉強会の場の状況を考えることへ思いが広がったことが、少しでも、勉強会の場の様子を伝えることになれば幸いです。

 

以上

-------------------------------------------------------------------

 

◎「ネットを介した勉強会」の1月のテーマ「存在と場」の資料

(清水先生の資料)のダイジェストを紹介します。

------------------ 

 

存在と場

 

・「存在者から存在へ」という文明のタイプの転回が、新型コロナよって加速

⇒共存在の時代へ(場の時代へ)変化:場は多様な存在を共に包む活きがある。

 

・下記の2つの定義は循環的な関係にある。

1.存在:「自己の〈いのち〉を居場所に表現していくこと」

2.〈いのち〉:「存在を継続的に維持していく能動的な活き」

即ち、〈いのち〉は〈いのち〉により定義され、“存在”は”存在“によって定義される。

〈いのち〉や“存在”に平均値はない。(この循環的な状態を自己言及状態という)

 

・存在者(存在している者)

 人間を存在者として見るときは、〈いのち〉やその存在には触れず、数値化できるところを限定して外側から見ている。(平均値がある)

⇒ 近代文明:存在者と平均値の文明

 

・量子論的現象

素粒子のような極微の粒子の状態を観察者である科学者が観察するとき、

「観察する」という行為自体が粒子の状態に影響を与えて状態を変えてしまう現象。

(量子力学的不確定性を生みだす。)

⇒ 観察者である自己が観察という行為によりって、自己自身を観察の対象の一部分にしてしまうために、観察者の自己言及が破れてしまう。そのことから観察対象に無限定な性質が出現する。

 

・自己の〈いのち〉を与贈した場所(居場所)を、その存在者自身が観察すると、量子力学と同様の結果になると考えている。

⇒〈いのち〉の与贈によって存在者と居場所は非分離につながっているために、存在者と居場所という区別は純粋な意味で消え、場所を観察することによる不確定性が現れ始める。

(その不確定な場所を居場所と呼ぶ)

★場所の存在に不確定性が生まれる結果、あらたに場が現れて観察者としての自己を包んでいく。

 ⇒ 量子力学での粒子の観測に場(波動など)が現れることに相当。

 

・具体的説明:

場所における場の出現については、次のように考えれば理解できる。

1.舞台空間に、役者という存在者がたまたま存在していたとする。何も、始まらなければ、両者は場所と存在者として分離した状態であり、役者の自己言及は成り立っている。

⇒ ですから、役者はその舞台空間を、自己から離れた場所として観察することができる。

2.しかし、そこで役者の意志によってその〈いのち〉が舞台に与贈されて「ドラマ」が即興的に始まれば、場所と存在者というそれまでの区別は消えて、ドラマの場面(居場所の存在)とその場面において役を演じていく役者(役者の存在)という非分離の関係が両者の存在に現れるから、役者の自己言及性は破れてしまう。

⇒そこで役者は、ドラマの場面(場)にも言及しなければ、自己の存在を言及できないことになる。

役者が〈いのち〉を与贈することによって舞台に生まれる場面が役者の居場所であり、その場面に生まれる場によって役者の存在が包まれる(言及される)のである。

 

・量子力学の不確定性と場所の存在に生まれる不確定性(あらたな場)の違い。

1.量子力学の不確定性は普遍的性質を持つ。

2.場所の存在に生まれる不確定性にも普遍性があるが、その詳細(非分離性)を与贈の程度によってある程度変えることができる場合がある。

 ⇒ドラマの特徴は、現在の場面が未来にどう変化するかが、不確定であるという、時間的不確定性が量子力学的な不確定性と同様にある。(同じ一つの場面に複数の役者がいても、それぞれの存在が場面となっている居場所の存在とつながっているのである。そのことから存在が不確定になる。)

 

・その具体的な例:居場所を仮に家庭として考える。

人間には自己言及性があるために、その存在が閉じているから、外から他の家庭を観察するだけでは、家族の存在がどのようになっているのかを知ることはできない。一つの家庭の内部に入るためには、その家庭の一員として自己の〈いのち〉を家庭という居場所に与贈する必要がある。そのことで、居場所としての家庭に与贈循環によって場が生まれて家族の自己言及性が破れ、互いの存在を内側から見ることができるようになる。ただそれは家族が〈いのち〉を家庭に与贈し、与贈されたその〈いのち〉が自己組織的に統合されて、家庭という居場所の〈いのち〉となって、その活きが場として家族を包む場合に限られる。そのことから生まれる非分離性が量子力学の場合と同様に、観察の対象としての家庭に、自己自身の存在が含まれることになる。

------- 

中略

------- 

◎場所的な主客非分離によって生まれる不確定性が、量子力学的な不確定性と興味深い共通点はある。⇒しかし、その場所的不確定性が、これまでその原因が不明であった存在とコミュニケーションに関するさまざまな現象を説明する可能性があると思う。 

                              (清水 博)

---------------------------------------------------

 

以上の資料をベースに議論を行いました。場の研究所では、哲学や精神から知識を切り離さないための努力をこれからも重ねていきます。

 

 

◎「ネットを介しての勉強会」開催について

2021 年の2月も場の研究所スタッフと有志の方に協力いただき、メーリングリスト(相互に一斉送信のできる電子メールの仕組み)を使った方法で、通常の第3金曜日の19日の17時から、開催する予定です。

テーマと進め方は清水先生とこばやし研究員で検討後、またご連絡いたします。

また、参加にご協力をいただく方には別途ご案内させていただきます。

(参加者の方には勉強会の資料を早めに送ります。)

 

 

なお、今後、状況の好転があれば、イベントの開催について、臨時メールニュースやホームページで、ご案内いたしますので、今後ともサポートをよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------

 

今後の、イベントの有無につきましては、念のために事前にホームページにてご確認をいただけるよう、重ねてお願い申し上げます。

 

2021年2月5日

場の研究所 前川泰久

 

 

場の研究所メールニュース 2021年01月号

このメールニュースはNPO法人「場の研究所」のメンバー、「場の研究所」の関係者と名刺交換された方を対象に送付させていただいています。

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

■場の研究所からのお知らせ

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

 

皆様

 

場の研究所の理事の前川泰久でございます。

あけましておめでとうございます。皆様、ご健勝で新年を迎えられたことと思います。

新型コロナ感染は、昨年12月から一気に拡大となり、リスクの高い環境になってしまいました。世界中が何とかこの状況を脱して、明るい未来が見えることを期待しております。

 

昨年の12月も、7回目の「ネットを介した勉強会」を開催いたしました。

(これは電子出版された清水 博『共存在の居場所:コロナによって生まれる世界』が「勉強会」の共通の基盤になっています。)

12月のテーマは「相互誘導合致と共存在」というテーマで開催しました。参加された有志メンバーは15名くらいでしたが、今回も皆さんのいろいろな角度からの考えや意見、またそれぞれの経験をベースにしたメッセージが交わされました。

 

2021年の1月も開催予定です。基本のテーマは「共存在」です。

これは、ネット上ではありますが、「共存在」の場ができて来ていると感じておりますので、今後も、その原因を探りながら改良を重ねて継続し、広げて行きたいと思っています。

 

なお、これまで、「ネットを介した勉強会」の内容については、メールニュースで議論状況や資料をご紹介してきております。もし、ご感想、ご意見がある方は、前回同様、今回も下記メールアドレスへお送りください。今後の進め方に反映していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

ご感想、ご意見は、こちらのアドレスへお送りください。

contact.banokenkyujo@gmail.com

メールの件名には、「ネットを介した勉強会について」と記していただけると幸いです。

 

◎コーディネーターのこばやし研究員からのコメント:

==========

こばやしです。

2020年を振り返ってみたとき、つくづく「ネットを介した勉強会」を始めることができて良かったと思いました。もし、1月の勉強会を最後に、勉強会を続けることができなかったなら、どうなっていたでしょうか。ちょっと考えたくないですね。

とは言え、初めは、うまくいく確証もなく始めることですから、(自分の中に、一つの確信はあったとは言えるのですが、)本当にこのやり方で良いのだろうか、と不安であったことも確かです。

 

そんな時、スタッフのお一方に「立ち止まらず、新たな形で学ぶための素晴らしい」提案と励ましていただけました。その言葉を読んだとき、素直に嬉しく思いました。また同時に、「ああ、そうか、自分たちは、(見通しの効かない中にあって、なお工夫して)学習を継続しようとしているのだ」と、これからやろうとしていることの意味がはっきりしたことを覚えています。

自分では気づけなかったことを「ほい」と外から渡してもらえたような気がしています。

そして、そうか、この全体をして、嬉しく感じているのだな、と今、気がつきました。

 

年が明けて2021年、再び緊急事態宣言が発令されました。場の研究所の勉強会(大塚での対面の方)は、まだしばらく行えそうにありません。

今年も、「ネットを介した」形式での勉強会となりそうです。

さらに、問題は場の研究所だけに止まりません。

世の中を見回してみても、コロナのことを考えれば行動は控えたい、しかし、このままでは生活が成り立たなくなりそうだと言う不安な声を耳にします。

そのような中で、今年、場の研究所の「ネットを介した勉強会」は、どのような在り方が求められるでしょう。

 

一つは、勉強会の場を少しだけ広げたいと考えています。

しかし、無闇に増やしては勉強会の場が成り立たなくなる恐れがありますので、悩ましいところですが、いくつか試みようと思っていることはあります。

急げませんが、ゆっくりとでも前に進めるつもりです。

また、社会と勉強会との関係についても考えていきたいと思います。

言い換えれば、これは、場の研究所として、社会へどのような行動ができるだろうか、という思いです。

2020年はシンポジウムが行えませんでした。

これまでシンポジウムで発信し続けてきたことが途切れてしまいました。

できれば、2021年は2020年と併せた何らかのメッセージを発信できたら嬉しいです。

 

「どのような明日だったら、一緒に夢見られるだろうか」

夢という可能性の、その確信が私たちの胸の中にあり続けてくれるためには、私は、今日、何ができるでしょうか。

私が、場の研究所という、この居場所で日々考えているのは、そのようなことのような気がしています。

 

今年も場の研究所と「ネットを介した勉強会」をよろしくお願いいたします。

 

以上

-------------------------------------------------------------------

 

◎「ネットを介した勉強会」の12月のテーマ「相互誘導合致と共存在」の資料

(清水先生の資料)のダイジェストを紹介します。

------------------ 

 

相互誘導合致と共存在

 

・相互誘導合致:旧い「全体」のなかに幾つかの新しい「部分」が生まれて、「全体」を内面から変えて生長させ、新しい「全体」を生成させる。するとまた、その新しい「全体」のなかに新しい「部分」が生まれて、「全体」を新しくしていくという〈いのち〉の法則(生きていくものの存在の法則)。

 

・生きていくものの特徴:この「全体」と「部分」の相互誘導合致を絶えず生成しながら生長していくところである。

⇒「全体」と「部分」の関係は居場所としての「全体」とその「部分」の「存在(〈いのち〉の表現)の関係」である。注:「存在者(存在している者)の間の関係」ではない。

⇒私たちの人生も、この相互誘導合致の形で進行していき、老化とともにその生長も変化をして、最終的には死に至る。

 

・自己と居場所の〈いのち〉は非分離であり、居場所の〈いのち〉を「全体」とすると、自己の〈いのち〉はその「部分」になる。

⇒「全体」の〈いのち〉の表現をドラマの「舞台」における全体的な表現とし、

「部分」の〈いのち〉の表現を、その舞台の上で即興的に表現されていく「役者」たちの表現というように、ドラマの形によって置きかえて考えることができる。

★相互誘導合致によって生まれる舞台の全体的な変化がドラマの「ものがたり」(居場所の歴史)を進行させていくのである。

ドラマの進行と共に新しい状況が舞台に現れ、さらに新しい役者や退場する役者を生みながら、舞台が広がっていくのが相互誘導合致の全体像である。この〈いのち〉のドラマの進行は、舞台において演じられていく「居場所の歴史」の進行でもある。

 

・地球を居場所として、このような「ものの見方」をしたとき、原初以来の〈いのち〉のドラマの進行が現実の生物進化史になっている筈である。

⇒〈いのち〉のドラマは、原初の〈いのち〉が先ず「全体」として地球に現れ、その内部にさまざまな〈いのち〉がその「部分」として出現し、相互誘導合致の繰り返しによって「生命の星」としての地球を生成してきた「ものがたり」になっていると考えられる。

★このドラマを「〈いのち〉のドラマ」と呼んでいくことに、大きな意味がある。

 

・地球にその〈いのち〉をもたらす活きをした宇宙の活きを、ルドルフ・オットーに因んで「聖なるもの」と呼ぶことにする。

⇒原初以来、地球を舞台にして続いてきたのは、「聖なるもの」の意志(活き)にそう〈いのち〉のドラマ。

人間は存在者としての自分たちを中心にした生活を近代文明によって強力に発展させ、地球における〈いのち〉のドラマから乖離した自分たちの存在の形をつくってきた。

★その近代文明という「存在者の文明」は、地球の温暖化現象と新型コロナのパンデミックによって「存在の文明」へと変わらないわけにはいかないと思う。人間も他の生きもののように、地球を舞台として〈いのち〉のドラマを演じていく必要があることは確かである。

 

・人間は地球における相互誘導合致の〈いのち〉に矛盾しない生き方をしていく必要がある。人間の〈いのち〉を巻き込んで、その居場所でおきていく相互誘導合致を、巻き込まれている人間の方から見たときに見える形が「歴史的相互誘導合致」である。

 

・人間自身が〈いのち〉のドラマをどう演じていくか、しっかりした意志をもっていなければ、地球全体におけるドラマについていけない。〈いのち〉のドラマはあくまで即興劇として個々の役者の意志を重んじつつ演じられていくからである。

⇒人間は原初以来の〈いのち〉を地球に広げていく形に、すなわち「聖なるもの」の「意志」をさらに進めていく方向に(「北極星」の方向に)進まなければならない。

★これからの時代の中心になっていくのは、たとえそれが小さくても、〈いのち〉のドラマの舞台となる居場所づくりであり、そのことを示したのが、前回の歴史的相互誘導合致の説明である。

 

Q:舞台としての居場所がつくられたときに、そこで相互誘導合致によって演じられていく〈いのち〉のドラマには、どのような特徴があるでしょうか。

A:一口に言うと、役者たちによる「共存在のドラマ」が見られるはずである。

★共存在の特徴は舞台の〈いのち〉を「一」とすると、多様な役者の〈いのち〉「多」はそれと非分離であり、またそれ故に――存在は〈いのち〉の表現であるから――役者の存在は互いに対等であるとして、西田幾多郎の矛盾的自己同一「一即多、多即一」によって表わされる。

説明:居場所とそこに存在している人びとの〈いのち〉が非分離であるということ。

その居場所に人びとが共に存在していくということは、居場所を「舞台」にして「〈いのち〉のドラマ」を共に演じていくということである。

 

・「〈いのち〉のドラマ」によって生れる表現には、

1.「舞台」の状況がほとんど変化をしないような短い時間(社会的時間)の間に生まれるできごと(社会的できごと)と、

2.「舞台」の状況がかなり大きく変化をするような長い時間(歴史的時間)の間に生まれるできごと(歴史的できごと)

とがある。

⇒居場所を家庭にとれば、

★社会的できごと:家族の間で日常的におきるできごと

★歴史的できごと:何年という単位で家庭の状態が変化をしていくときに生まれるできごと

⇒この二つは〈いのち〉の表現においても異なる。家族は日常的には争うことがあっても、長期的には互いに協力し、互いの立場を重んじながら相互誘導合致的に生きていくのである。

------- 

中略

------- 

◎近代文明がさまざまな場所で、「存在者から存在へ」の変化という形で崩れ始めていると、私は感じている。

⇒そして、あちこちで興味深い居場所づくりが始まっていて、それにともなって相互誘導合致の具体的な動きが、たとえば「おたがいさま」の運動のような形で社会的に広がり始めていたが、ここで、新型コロナの影響で、少し形を変えて社会的に広がっているのではないかと思っている。地球という居場所と多様な人々の非分離から構築していく共存在が新しい文明の基盤になっていくと思う。

                             (清水 博)

---------------------------------------------------

 

以上の資料をベースに議論を行いました。場の研究所では、哲学や精神から知識を切り離さないための努力をこれからも重ねていきます。

 

 

 

◎「ネットを介しての勉強会」開催について

2021 年の1月も場の研究所スタッフと有志の方に協力いただき、メーリングリスト(相互に一斉送信のできる電子メールの仕組み)を使った方法で、通常の第3金曜日の15日では正月明けから余裕がないので、第4金曜日の1月22日の17時から、開催する予定です。

テーマと進め方は清水先生とこばやし研究員で検討後、またご連絡いたします。

また、参加にご協力をいただく方には別途ご案内させていただきます。

(参加者の方には勉強会の資料を早めに送ります。)

 

 

なお、今年の1月以降、状況の好転があれば、イベントの開催について、臨時メールニュースやホームページで、ご案内いたしますので、今後ともサポートをよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------

 

今後の、イベントの有無につきましては、念のために事前にホームページにてご確認をいただけるよう、重ねてお願い申し上げます。

 

2021年1月10日

場の研究所 前川泰久