メールニュース

※ このメールニュースは、NPO法人場の研究所のメンバー、場の研究所の関係者と名刺交換された方を対象に送付させていただいています。

※ 「メールニュース」は、場の研究所メールニュースのバックナンバーを掲載しています。



2019年分

場の研究所メールニュース 2019年01月号

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

場の研究所 定例勉強会のご案内 

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

  ホームページ:http://www.banokenkyujo.org/ 

  -------------------------------------------------------

「〈いのち〉を居場所に与贈して〈いのち〉の与贈循環を生み出そう」 

〈いのち〉とは「存在を続けようとする能動的な活き」である。 

                        (清水博) 

---------------------------------------------------------

■2019年1月のメールニュースをお届けいたします。 

 

新年あけましておめでとうございます。

 

今年も皆様のサポートを頂きながら勉強会をはじめとする

イベントを開催していきたいと思います。

また、メールニュースを今後も配信させていただきますが、

これと合わせホームページにも情報を掲載してまいります。

特に、メールニュースの内容をシンプルにして、ホームページ

に詳しいコンテンツを紹介していくことも検討中です。

当面は、どうしても参加できない方にも配慮して、勉強会の

内容をある程度お届けするように考えており、少々長い内容に

なる場合がありますのでご理解いただければと思います。

 

◎2018年12月の勉強会は「場の研究所」で12月21日(金)

15時から19時30分まで、開催しました。15時からワイガヤ的に

議論を進めて17時より勉強会となりました。

 

まず、15時からは、ハラスメントを含めて、場の理論のワイガヤ

を開催、新年からスタートしようとしている「哲学カフェ」の

内容の在り方や議論のやり方などの相談を実施しました。

今回もスタッフの小林 剛さんと前川理事が中心なって推進いた

しました。

 

ここで、哲学カフェのコンセプトを概略紹介します。

当初は小グループにて開催して、正式には4月から参加メンバー

を拡大していきたいと考えています。

正式に開催できるようになりましたらご紹介します。

-------------------------------------------

・場の研究所の哲学カフェについて(所長:清水 博)

哲学カフェとは、公開の場所で参加者同士が飲み物を片手に

選ばれた哲学的なテーマを自由に話し合うことだと言われて

いるように、勉強会と異なって、それは複雑な世界の動きを

理解しながら、自分自身の哲学を公開の場所に位置づけていく

「〈いのち〉の即興的なドラマ」でもあるのです。

「日本文化は場の文化である」と言われながら、その場の文化を

哲学的に捉えることができる人々が日本には非常に欠けています。

場の研究所の哲学カフェは、これからの時代にそれを求めていく

人々とその仲間を気軽な形で生み出していく場にもなろうとして

います。

 

テーマ:「世界はどこへ向かっていくのか?」

----------------------------------------------

 

★17時から、清水先生から場の思想をよりわかり易く説明して

いきたいということから「場をめぐって」という内容でお話を

していただきました。先生の体調が今一つでしたので最初の説明

をされた後は、参加メンバーと議論していく形で推進しました。

 

-------------------------------------

場をめぐって

 

場の理論は即興的な〈いのち〉のドラマの形をしていますので、

やや抽象的で理解しにくい面がないとも言えません。そこで、

具体的な形をしたモデルとして「おでんモデル」を入口において、

〈いのち〉のドラマを理解することを考えて、哲学カフェで

それを話してみる準備をしてきたので、清水所長がそれを少し

紹介しました。果たして、それを聴いた人々の反応はとても分かり

易いということでした。

 

この「おでんモデル」では、おでんの鍋が居場所(劇場)、おでん

の汁が場(舞台)、おでんの多様な種が人々(役者)に、味が

〈いのち〉に相当します。

種から汁に味が出ることが〈いのち〉の与贈に、また汁の方から

種に味が与えられるのが居場所の〈いのち〉の与贈です。

したがって種と汁の間の味の循環が〈いのち〉の与贈循環に相当

します。なお、様々な種から出た味が汁の中で混じり合って一様に

なることが、与贈された〈いのち〉の自己組織に相当します。

 

おでんが煮えているときには、種の方からも味が出て汁に与え

られ(与贈され)、そして汁→種→汁→種→・・・・という汁と

種との循環的な味の与え合い(与贈循環)がおきて、多様な種の

味は汁の味を媒介にして、互いに(非分離的に)つながって

深まっていきますが、これが〈いのち〉のドラマに相当します。

 

このモデルでも、一種類の種だけでは、おでん料理が作れない

こと(〈いのち〉のドラマが生まれないこと)が分かります。

またおでんには多様な味の種がそれぞれおでんに存在している

意義(根拠)があることも分かります。

 

鍋料理のうまさの秘密は汁にあります。その汁に相当するのが、

先ほど触れたように、場です。場としての汁は、好き嫌いを

言わずに、多種多様な種をすべて包んで、その種に味を与えます

(与贈します)。その味の包容力に相当するのが場がもっている

〈いのち〉の自己組織力です。

 

日本の場の文化は、このような場の活きを活用して生まれた

文化です。日本では、場の活きによって、人間の間ばかりで

なく、人間と自然(環境)とが〈いのち〉の与贈循環によって

つながって生きていく独特な生き方を生み出してきたのです。

このような生き方こそが、今や人間が地球という居場所に住み

続けるために必要になっています。

 

以上

 

影山知明氏による『続・ゆっくり、いそげ』という興味深い本

が出版予定で、その一冊が氏から先行して私に送られてきました。

その中に「おでん理論」と称して、私の「おでんモデル」に

かなり似た考えが紹介されています。私がそれを知ったのは、

私が「おでんモデル」を紹介した後でしたが、私がこの本を受け

取ったのは、その前でした。たまたま二人の考え方が一致した

現象をご縁として、今後も発展的な関係を続けていきたいと

願っています。(清水 博)

 

--------------------------------------------

 

■2019年1月の勉強会のご案内

1月も従来通り、第3金曜日に大塚の「場の研究所」で勉強会

を開催いたします。

日時:2019年1月18日(金曜日)

   15時から19時30分までの予定です。

(従来通り15時からワイガヤ的に議論を進めて17時より

 勉強会を行います。)

 

勉強会テーマ:仮題「時間の共創」を実施いたします。

 

場所:特定非営利活動法人 場の研究所

住所:〒170-0004 東京都豊島区北大塚 1-24-3

Email:info@banokenkyujo.org

 

参加費:会員…5,000円 非会員…6,000円

申し込みについては、毎回予約をお願いいたします。

  (なお、飛び入りのお断りはしておりません。)

 

■編集後記

新年がスタートし、今年も色々なイベントを計画して参ります

のでご参加のほどよろしくお願いいたします。

なお、「哲学カフェ」

なるものをスタートします。これは、勉強会とは違い、気楽に

議論できる場を創ろうという清水先生の案ですが、一部の

メンバーでまずは初めて、軌道に乗ってきましたら、会員その他

の皆様へも参加のお願いをしたいと思います。

 

1月は18日に従来通りの「場の研究所」での勉強会を計画して

おります。先行トライの「哲学カフェ」での議論の内容の紹介も

勉強会の中で行いたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------------

 

定非営利活動法人 場の研究所

住所:〒170-0004 東京都豊島区北大塚 1-24-3

電話・FAX:03-5980-7222

Email:info@banokenkyujo.org

ホームページ:http://www.banokenkyujo.org