メールニュース

※ このメールニュースは、NPO法人場の研究所のメンバー、場の研究所の関係者と名刺交換された方を対象に送付させていただいています。

※ 「メールニュース」は、場の研究所メールニュースのバックナンバーを掲載しています。



2019年分

場の研究所メールニュース 2019年03月号

このメールニュースはNPO法人「場の研究所」のメンバー、
「場の研究所」の関係者と名刺交換された方を対象に
送付させていただいています。
□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

場の研究所 定例勉強会のご案内 

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

  ホームページ:http://www.banokenkyujo.org/ 

  -------------------------------------------------------

「〈いのち〉を居場所に与贈して〈いのち〉の与贈循環を生み出そう」 

〈いのち〉とは「存在を続けようとする能動的な活き」である。 

                        (清水博) 

---------------------------------------------------------

■2019年3月のメールニュースをお届けいたします。 

 

◎2019年2月の勉強会は「場の研究所」で2月15日(金)15時から19時30分まで開催しました。15時からワイガヤ的に議論を進めて、従来通り17時より勉強会を行いました。

まず、15時からは、場の研究所文庫からかつて発刊した「転換期を生きる君へ」一部を印刷して、参加のメンバーで読みながら議論しました。これは2004年に清水先生が書かれたものですがその内容が現在でも十分当てはまるので、興味深く話し合いができました。

スタッフの小林さんの提案で、P104~109にある「存在の哲学」という項目の内容を中心に、彼の知りあいの方の体験を例にした「存在者と存在」についての考え方をみなさんでワイガヤをしました。身近にある、存在と存在者の課題や疑問を場の理論でなんらかのヒントをもらえることがあるように感じました。今回も完全理解を目的とするのではなく、このような考えに触れることから議論したので、有意義だったと思います。


●小林さんコメント:

とある友人とのやりとりで感じたことがありました。それは、私たちには一つの大きな思い込みがあるということです。その思い込みは、存在の話をしているつもりで、ついつい存在者について話をしてしまっているといったものです。例えば、ある問題が生じたとき、その存在者を変える為にどうしたらよいか、と考えてしまいます。しかし、問題の本質は、「存在者でなく、存在そのものを変えるためにはどうするか」ではないでしょうか、と清水先生はおっしゃいます。

 

今回、題材にした私と私の友人との往復書簡は、その具体的な例となっていたように感じています。そして、存在そのものを変えるためには「存在者としては別でも、居場所を共有すること」であるということが、やり取りの中から感じられたように思います。このことは、引き続いての勉強会のテーマに繋がるものであったと思っております。

 

 

------------------------------

★17時からの清水先生による勉強会

仮題「〈いのち〉に立つと見えてくるもの」を予定していましたが、「生きていく存在の科学」というテーマでお話が始まりました。内容としては、東日本大震災の年に新潟県で開かれた林間学校での話から始まりました。「生きていること、生きていくこと」の違いを会場の人々に聞いたときに、皆がこたえられない中で、
たまたま福島から来ていた小学生がすぐ手を上げて、的確な回答をしたことを例に説明されました。ハイデッガーの存在と時間の話にも触れ、我々は時間を作りながら生きていくこと、その時間は、その人の未来へ向かう「存在のベクトル」のつながりであり、場の理論では、その形は場を「舞台」として人々が「役者」となって演じる即興的な「〈いのち〉のドラマ」の形をしていると話されました。

 

-------------------------------------

テーマ:「生きていく存在の科学」

東日本大震災の年に被災者の中高生を対象にして新潟県で林間学校を開いたとき、そこに大人や子供たちもたくさん混じっていたので、予定していた話の内容を変えて、「皆さん!「生きていること」と「生きていくこと」がどう違うか分かりますか」と全員に尋ねたところ、大人や中高生が首をかしげる中で、福島
から来ていた小学生がすぐ手を上げて「「生きていること」は今のこと、「生きていくこと」には未来が必要です。」と答えました。これは「未来があってこそ、生きていくことができる」という真実が、原発の被害によって福島から失われたために、自分自身の体験によって、その本質を言い当てたものと思いました。
この「生きている」と「生きていく」の問題は現在でも福島で争われているばかりでなく、沖縄県の辺野古の埋め立てに対しても安倍政権と沖縄県民の間でおきている深刻な問題です。

 

人間は自分の存在の未来を居場所に託し、その居場所に生まれる場を「舞台」にして、「役者」となって「〈いのち〉のドラマ」を創出しながら未来に向かって生活していきます。その未来が存在しないということは、その「ドラマ」の舞台を奪われるということなのです。「舞台」があってこそ、人生に夢も生まれる
のです。主客分離の形をとっている現在の科学技術によって文明を進めていくことは、人々の主観的(主体的)な思いから離れて、客観的に「生きている」
ことのためだけを頭に置いて、主客分離的な空間やAIを発展させていくことが、「生きていく」ために必要な「舞台」となる〈いのち〉の居場所を消滅させて、人々からその未来(「役者」としての存在)を奪っていくことになっているのです。

 

このような近代科学の主客分離性の上に立って、人々の欲望にしたがって便利と所有を追い求めていくことによって生まれてきた空間や機能から、多くの人々の存在そのものがはじき出されて、その〈いのち〉の居場所を失いながら、主客分離的な空間や機能にすがりつくようにして生きていかなければならないという「存在の矛盾」が近年非常に明瞭になってきました。主客非分離の形の
〈いのち〉の居場所とその舞台を生成していく「生きていく」ための文明の形を人間自身が取り戻していく必要がどうしてもあります。

 

そのはたらきをしていくと期待させるのが、多様な人々が互いの存在がつながることを喜びにして集まる「市井の居場所」(Townの居場所)です。現代文明は空間から人々を追い出すようにして主客分離的な空間を自己組織的に広めて行く「空間の文明」ですが、この「Townの居場所」は機械化されたその
空間のその裏側で、人々が生きものとしての互いの存在に引かれるようにして静かに集まり、見かけの空間を越えて互いの存在の表現が自己組織的につながっていく「時間の文明」の萌芽です。

 

それは昆虫の幼虫の見かけの「空間的な形」の裏で静かに、多様な細胞の活きが自己組織しながら時間的につながっていくことによって進んで行く成虫への変態のようです。そのような空間から時間への転回がすでにあちこちに見られ、人々の気持ちを引きつけるようになっています。

 

◎キーワード:

・存在しているもののことを「存在者」

・存在者が示す「活き」や「意味」を「存在」という。

・居場所は「存在者」としての空間であり、そこに生まれる「場」は
「存在としての空間」である。

・「生命」は存在者が生きていることを示す「存在者の内的存在者」として
考えられた概念。

・未来から始まる!地球から個へ!「場」からスタートする。

 

--------------------------------------------

 

■2019年3月の勉強会のご案内

3月も従来通り、第3金曜日に大塚の「場の研究所」で勉強会を開催いたします。
◎日時:2019年3月15日(金曜日)
    15時から19時30分までの予定です。
(従来通り15時からワイガヤ的に議論を進めて17時より 勉強会を行います。)

◎勉強会テーマ:
仮題「時間の自己組織と〈いのち〉のつながり」をさらに徹底して考えてみます。

 

場所:特定非営利活動法人 場の研究所
住所:〒170-0004 東京都豊島区北大塚 1-24-3
Email:info@banokenkyujo.org

参加費:会員…5,000円 非会員…6,000円
申し込みについては、毎回予約をお願いいたします。
  (なお、飛び入りのお断りはしておりません。)

■編集後記
 今回は、15時からは「存在」と「存在者」や「居場所」などを議論しました。著書「転換期を生きる君へ」の紹介もあり、認知症などを含めた介護の現場での悩みにおける考え方についても良い議論ができたと思います。

さらに、清水先生の勉強会での理解が深まったと思います。

3月は第3金曜日の3月15日に勉強会開催です。是非、ご参加ください。

 

なお、「転換期を生きる君へ」の著作は、オンデマンドで入手可能ですので、購入希望の方は、HPの出版物を検索のこと。

・場の研究所文庫VOL.1「転換期を生きる君へ」清水博(著)

オンデマンド印刷:111ページ

出版社: 博進堂(オリジナル 2004/10/30)

>> amazon.co.jp

>> 楽天ブックス

-------------------------------------------

 

定非営利活動法人 場の研究所
住所:〒170-0004 東京都豊島区北大塚 1-24-3
電話・FAX:03-5980-7222
Email:info@banokenkyujo.org
ホームページ:http://www.banokenkyujo.org

場の研究所メールニュース 2019年02月号

このメールニュースはNPO法人「場の研究所」のメンバー、
「場の研究所」の関係者と名刺交換された方を対象に
送付させていただいています。
□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

場の研究所 定例勉強会のご案内 

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

  ホームページ:http://www.banokenkyujo.org/ 

  -------------------------------------------------------

「〈いのち〉を居場所に与贈して〈いのち〉の与贈循環を生み出そう」 

〈いのち〉とは「存在を続けようとする能動的な活き」である。 

                        (清水博) 

---------------------------------------------------------

■2019年2月のメールニュースをお届けいたします。 

 

◎2019年1月の勉強会は「場の研究所」で1月18日(金)
15時から19時30分まで開催しました。15時からワイガヤ的に
議論を進めて、従来通り17時より勉強会となりました。

まず、15時からは、スタッフの小林 剛さんが中心となって、
NHKの「100分で名著」という番組テキスト「スピノザ・エチカ」

の内容を具体的な内容を一部紹介しながらワイガヤを行いました。

350年も前のオランダの哲学者スピノザが書いた著書「エチカ」

には「自分の存在について」の考えが書いて有り、主に

スピノザの主要概念である「コナトゥス」(ラテン語)に
ついて議論しました。この言葉は、直訳すると「努力」という

意味ですが、彼の考えでは、もっと存在に重きを置いていて、

「自分の存在を維持しようとする力」という意味です。

この概念は、清水先生の〈いのち〉に近い概念ということも
あり、勉強会でも紹介することにしました。今回も小林 剛さん
からは、完全理解を目的とするのではなく、このような考え

に触れることから始めることしました。


●小林さんコメント:

「解くべき問題」の発見のために。

テキストに書いてあることが「よいこと」であるとか、「ために
なる」とか、「思考の縛りを解き放つヒントが満載だ」とか、
そういう話にしたくないなぁと思いました。

今、自分自身が、ほんとうに困っていることや考え続けている
ことと、テキストに出てくることばを結びつけたとき、自分の
中に何が起こるのか、そういう話ができたらいいな、と思い
ました。

 

例えば「コナトゥス」。

自分の存在を維持しようとする力、のこと。

これをことばで理解するのではなくて、自分のコナトゥスが
感じられた体験って何だったろうか?あっただろうか?

そういうことを具体的に話して、そして、聞くことで、改めて
経験として振り返りあう時間を心がけました。

この話し合いの時間が、(それぞれ)自分にとって、解くべき
問題の発見の手がかりとなったらいいなぁと思っています。

 

------------------------------

★17時からの清水先生による勉強会

12月に議論した、場の思想をよりわかり易く説明していきたい

ということから「場をめぐって」という内容につづき、仮題
「時間の共創」を予定していましたが、「〈生のOS〉に立つ」

というテーマでお話が始まりました。内容として「時間と共創」
についても触れています。

前回、場の理論では、即興的な〈いのち〉のドラマの形を具体的
な形をしたモデルとして「おでんモデル」が説明されましたが、

〈いのち〉のドラマが大変分かり易くなったことを踏まえて、
もう少し論理的な説明がされました。

 

-------------------------------------

テーマ:〈生のOS〉に立つ

デカルトの「我思うゆえに我あり」から始まって、我とそれ以外
の自然をどう見るかということが議論になっていきました。
「生」というものは、我と自然をデカルトのように分離しないで
共に含むものですが、これが〈いのち〉の科学の出発点ですが、
スピノザの考えは我と自然をその内部とする無限に大きな神
から出発したために、これと実質的に近いのです。

 

デカルトの分離的な思想の上に科学が生まれて、近代文明の
骨格をつくって来たために、科学技術が発展していけばいくほど、
人間の存在は自らつくった近代社会から追い出されていきます。
皮肉な見方になりますが、人々をできるだけ多くその〈いのち〉
の居場所から追い出していく科学技術を進化発展させることに
よって、現代の国家や経済は発展していくのです。この方向を
どう見直すかが重要です。

 

近代科学の主客分離性が人間の生活に徹底していくのが、

現在我々が生きている社会だと思います。この主客分離性の上
に立って、人々が求める自己の便利と所有がつくり出してきた
空間や機能から、主体自身がはじき出されて本来の居場所を
失いながら、その空間や機能にすがりつくようにして生きて
いかなければならないという存在矛盾があります。

 

そこで、現在、人間に残されている自由度としては、この
主客分離的な文明の流れから、個人が転げ落ちるようにして身
を外してその居場所を見出して、その主体を回復することだけ
であり、そして次にそのように主体性を回復した人々がつながる
ことです。その本質は文明が創り出してきた空間を超えておこ
なわれる「時間の共創」なのです。

 

デカルトから始まる主客分離的なOSとは異なった「生」その
ものに立脚した主客非分離的なOSとしてのスピノザの哲学の
解説としては、ドゥルーズ『スピノザ 実践の哲学』(平凡社)
がおすすめだと思います。そう思うのも、また生きものをモノ
から理解しようとするデカルト主義的な現代の生命科学に対して、
生きものを「生」から出発して理解する目的で、その出発点
としての〈いのち〉(存在を継続して行こうとする能動的な活き)
が発見されて、そこから「〈いのち〉の科学」が考えられてきた
からです。この〈いのち〉がコナトゥス(本質=自分の存在を
維持しようとする力)に結びつけて世界を深く理解しようとした
スピノザのOSと本質的に共通しているからです。

 

-----------------

 

〈いのち〉に立つということは、社会の原理に立つと言うこと
ではありません。人間の社会を超えて、もう一歩深く生の世界
へ進み、生きものの生の原理に立つということです。その深さ
まで進んだときに、〈いのち〉という存在を継続していこうと
する生きものとしての能動的な活きに出会うのです。人間にも
〈いのち〉があるように、その人間を構成している莫大な数の
細胞にもそれぞれの〈いのち〉があるのです。

 

〈いのち〉がその生きものの存在を継続していこうとする
能動的な活きであると考えることは、(これまで論じてきた
ように)存在の四次元空間のなかで未来への方向性をもって
能動的に活くことを意味していますから、〈いのち〉はこの
四次元空間におけるベクトル的な方向性のある活きであると

いうことを意味しています。

 

そこで問題になるのは、ある一つの存在空間に二つの生きもの

がいるときに、その「〈いのち〉のベクトル」の間にどのような
関係が生まれるかということです。その〈いのち〉のベクトルが
互いに逆方向に向いている生きものが同じ場所に存在すれば、
生きものは生存競争をすることになります。しかし人間を構成
している細胞たちのように、その〈いのち〉のベクトルが同じ
方向に向いているなら、人間という存在の居場所をつくって
一緒に生きていくことができます。

 

混み合う駅のプラットフォームから出口へ向かうエスカレータ
に乗るときに、人々が外から行列に割り込んでくるのをある
程度許しているのは、居場所の〈いのち〉のベクトルに、個体
としての自己のベクトルを合わせて、プラットフォームという
居場所にける矛盾的自己同一「一即多、多即一」をつくっている
のです。

 

しかし、そのようにしてプラットフォームに自己組織される
時間的秩序を無視するように、横から自分の直前に突然割り
込んでくる人に対して怒りを覚えるのは、自己の〈いのち〉の
ベクトルが否定されることに対する自己の〈いのち〉の反応では
ないかと思われます。つまりこのことは、莫大な数の細胞たちの
〈いのち〉のベクトルを、矛盾的自己同一的に統合して、私と
いう生きものの〈いのち〉のベクトルが生まれていることを意味
しているのです。そのベクトルの方向が否定されるのです。

 

また、このように、居場所全体に「〈いのち〉のドラマ」が
時間的秩序として自己組織されているかどうかを、居場所に
矛盾的自己同一が成立しているかどうかの判断に使うことが
できるという話がなされました。

 

--------------------------------------------

 

■2019年2月の勉強会のご案内

1月も従来通り、第3金曜日に大塚の「場の研究所」で勉強会
を開催いたします。
◎日時:2019年2月15日(金曜日)
    15時から19時30分までの予定です。
(従来通り15時からワイガヤ的に議論を進めて17時より
 勉強会を行います。)

◎勉強会テーマ:仮題「〈いのち〉に立つと見えてくるもの」を

実施いたします。

 

場所:特定非営利活動法人 場の研究所
住所:〒170-0004 東京都豊島区北大塚 1-24-3
Email:info@banokenkyujo.org

参加費:会員…5,000円 非会員…6,000円
申し込みについては、毎回予約をお願いいたします。
  (なお、飛び入りのお断りはしておりません。)

■編集後記
 今年はじめての勉強会でしたが、15時から行ったスピノザの
著書「エチカ」の紹介もあり、勉強会での理解が深まったと
思います。また、清水先生からは、より具体的な説明があり
わかり易かったと感じました。
 2月は、基本的に続きとなりますが、先行して15時から、

勉強会の先行議論をする話も出ておりまして、そこで理解が
しにくい点などを明確にして、勉強会でさらに、深く議論する
ことを考えています。2月はそれを試行しようと思います。

 

-------------------------------------------

 

定非営利活動法人 場の研究所
住所:〒170-0004 東京都豊島区北大塚 1-24-3
電話・FAX:03-5980-7222
Email:info@banokenkyujo.org
ホームページ:http://www.banokenkyujo.org

場の研究所メールニュース 2019年01月号

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

場の研究所 定例勉強会のご案内 

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

  ホームページ:http://www.banokenkyujo.org/ 

  -------------------------------------------------------

「〈いのち〉を居場所に与贈して〈いのち〉の与贈循環を生み出そう」 

〈いのち〉とは「存在を続けようとする能動的な活き」である。 

                        (清水博) 

---------------------------------------------------------

■2019年1月のメールニュースをお届けいたします。 

 

新年あけましておめでとうございます。

 

今年も皆様のサポートを頂きながら勉強会をはじめとする

イベントを開催していきたいと思います。

また、メールニュースを今後も配信させていただきますが、

これと合わせホームページにも情報を掲載してまいります。

特に、メールニュースの内容をシンプルにして、ホームページ

に詳しいコンテンツを紹介していくことも検討中です。

当面は、どうしても参加できない方にも配慮して、勉強会の

内容をある程度お届けするように考えており、少々長い内容に

なる場合がありますのでご理解いただければと思います。

 

◎2018年12月の勉強会は「場の研究所」で12月21日(金)

15時から19時30分まで、開催しました。15時からワイガヤ的に

議論を進めて17時より勉強会となりました。

 

まず、15時からは、ハラスメントを含めて、場の理論のワイガヤ

を開催、新年からスタートしようとしている「哲学カフェ」の

内容の在り方や議論のやり方などの相談を実施しました。

今回もスタッフの小林 剛さんと前川理事が中心なって推進いた

しました。

 

ここで、哲学カフェのコンセプトを概略紹介します。

当初は小グループにて開催して、正式には4月から参加メンバー

を拡大していきたいと考えています。

正式に開催できるようになりましたらご紹介します。

-------------------------------------------

・場の研究所の哲学カフェについて(所長:清水 博)

哲学カフェとは、公開の場所で参加者同士が飲み物を片手に

選ばれた哲学的なテーマを自由に話し合うことだと言われて

いるように、勉強会と異なって、それは複雑な世界の動きを

理解しながら、自分自身の哲学を公開の場所に位置づけていく

「〈いのち〉の即興的なドラマ」でもあるのです。

「日本文化は場の文化である」と言われながら、その場の文化を

哲学的に捉えることができる人々が日本には非常に欠けています。

場の研究所の哲学カフェは、これからの時代にそれを求めていく

人々とその仲間を気軽な形で生み出していく場にもなろうとして

います。

 

テーマ:「世界はどこへ向かっていくのか?」

----------------------------------------------

 

★17時から、清水先生から場の思想をよりわかり易く説明して

いきたいということから「場をめぐって」という内容でお話を

していただきました。先生の体調が今一つでしたので最初の説明

をされた後は、参加メンバーと議論していく形で推進しました。

 

-------------------------------------

場をめぐって

 

場の理論は即興的な〈いのち〉のドラマの形をしていますので、

やや抽象的で理解しにくい面がないとも言えません。そこで、

具体的な形をしたモデルとして「おでんモデル」を入口において、

〈いのち〉のドラマを理解することを考えて、哲学カフェで

それを話してみる準備をしてきたので、清水所長がそれを少し

紹介しました。果たして、それを聴いた人々の反応はとても分かり

易いということでした。

 

この「おでんモデル」では、おでんの鍋が居場所(劇場)、おでん

の汁が場(舞台)、おでんの多様な種が人々(役者)に、味が

〈いのち〉に相当します。

種から汁に味が出ることが〈いのち〉の与贈に、また汁の方から

種に味が与えられるのが居場所の〈いのち〉の与贈です。

したがって種と汁の間の味の循環が〈いのち〉の与贈循環に相当

します。なお、様々な種から出た味が汁の中で混じり合って一様に

なることが、与贈された〈いのち〉の自己組織に相当します。

 

おでんが煮えているときには、種の方からも味が出て汁に与え

られ(与贈され)、そして汁→種→汁→種→・・・・という汁と

種との循環的な味の与え合い(与贈循環)がおきて、多様な種の

味は汁の味を媒介にして、互いに(非分離的に)つながって

深まっていきますが、これが〈いのち〉のドラマに相当します。

 

このモデルでも、一種類の種だけでは、おでん料理が作れない

こと(〈いのち〉のドラマが生まれないこと)が分かります。

またおでんには多様な味の種がそれぞれおでんに存在している

意義(根拠)があることも分かります。

 

鍋料理のうまさの秘密は汁にあります。その汁に相当するのが、

先ほど触れたように、場です。場としての汁は、好き嫌いを

言わずに、多種多様な種をすべて包んで、その種に味を与えます

(与贈します)。その味の包容力に相当するのが場がもっている

〈いのち〉の自己組織力です。

 

日本の場の文化は、このような場の活きを活用して生まれた

文化です。日本では、場の活きによって、人間の間ばかりで

なく、人間と自然(環境)とが〈いのち〉の与贈循環によって

つながって生きていく独特な生き方を生み出してきたのです。

このような生き方こそが、今や人間が地球という居場所に住み

続けるために必要になっています。

 

以上

 

影山知明氏による『続・ゆっくり、いそげ』という興味深い本

が出版予定で、その一冊が氏から先行して私に送られてきました。

その中に「おでん理論」と称して、私の「おでんモデル」に

かなり似た考えが紹介されています。私がそれを知ったのは、

私が「おでんモデル」を紹介した後でしたが、私がこの本を受け

取ったのは、その前でした。たまたま二人の考え方が一致した

現象をご縁として、今後も発展的な関係を続けていきたいと

願っています。(清水 博)

 

--------------------------------------------

 

■2019年1月の勉強会のご案内

1月も従来通り、第3金曜日に大塚の「場の研究所」で勉強会

を開催いたします。

日時:2019年1月18日(金曜日)

   15時から19時30分までの予定です。

(従来通り15時からワイガヤ的に議論を進めて17時より

 勉強会を行います。)

 

勉強会テーマ:仮題「時間の共創」を実施いたします。

 

場所:特定非営利活動法人 場の研究所

住所:〒170-0004 東京都豊島区北大塚 1-24-3

Email:info@banokenkyujo.org

 

参加費:会員…5,000円 非会員…6,000円

申し込みについては、毎回予約をお願いいたします。

  (なお、飛び入りのお断りはしておりません。)

 

■編集後記

新年がスタートし、今年も色々なイベントを計画して参ります

のでご参加のほどよろしくお願いいたします。

なお、「哲学カフェ」

なるものをスタートします。これは、勉強会とは違い、気楽に

議論できる場を創ろうという清水先生の案ですが、一部の

メンバーでまずは初めて、軌道に乗ってきましたら、会員その他

の皆様へも参加のお願いをしたいと思います。

 

1月は18日に従来通りの「場の研究所」での勉強会を計画して

おります。先行トライの「哲学カフェ」での議論の内容の紹介も

勉強会の中で行いたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------------

 

定非営利活動法人 場の研究所

住所:〒170-0004 東京都豊島区北大塚 1-24-3

電話・FAX:03-5980-7222

Email:info@banokenkyujo.org

ホームページ:http://www.banokenkyujo.org